参 【浜の与一】 … はまのよいち


 『浜の与一』 … 野仲 茂


茶目な仕草と、優しい笑顔。
野仲を見る時、人は、節度正しい彼の“フェアプレー精神”を学ぶだろう。
殊に、彼の笑顔は格別であり、その素晴らしい人格と共に人々を魅了してやまない。

相模の国・横浜で育まれた野仲の“魅力”は…
【那須与一の弓】の様な “狙い撃つショット” にある。

ひとたび集中し、笑顔を消して…
キリリと、端正な面差しを見せるや否や、野仲の放った“矢(打球)”は、
遠く水面に揺らぐ扇子をも射抜くほどの精度にて、
ピン傍を次々にゲットしていくであろう。
伝説の弓の名手・那須与一の矢の様に、ターゲットを射抜くのである。

いつも“前のめり”でフェアウェイを歩く彼の姿を見る時
「日本男児たる者、かくあるべし」との思いに至る。

人品まさに秀で、素晴らしい“パフォーマンス”を持つ彼に『浜の与一』の称号を与えたい。
[PR]

  by h_gohda | 2007-04-18 09:40 | 侍・プロゴルファー紹介

<< 四 【安芸の若虎】 … あきの... 弐 【赤城の小天狗】 … あか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE