四 【安芸の若虎】 … あきのわかとら


 『安芸の若虎』 … 谷原秀人


そのドライバーショットは、躍動する猛虎の跳躍を彷彿させ、
アイアンショットは、鋭い爪の切れ味を持つ。
獲物の喉笛を咬みきるが如き攻撃的なパッティングを目の当たりにする時、
人々は戦慄をさえ覚えるであろう。

鬱蒼とした森に、鋭い眼光だけが動いている。
寡黙に獲物を狙う “虎の眼” を持つ男…それが谷原だ。

精神的な持久力には、ヤヤもすると欠ける帰来は否めないが、
己を鍛え上げ、
常に貪欲にゴルフに対して取り組む様は、谷原の持ち味であり、
如何なる困難をも強い忍耐力で克服してゆく。

夕焼けに染まる練習グリーンで、
一人黙々と練習をする谷原に、神仏の加護は必ずある。

寡黙でストイックな【若虎】は、今、世界の喉笛を見詰めている。
[PR]

  by h_gohda | 2007-04-18 13:48 | 侍・プロゴルファー紹介

<< 五 【薩摩の鬼斧】 … さつま... 参 【浜の与一】 … はまのよいち >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE