バー 『B4』 … ばー 『びふぉー』


バー 《B4》  …  愛知県・名古屋市


「尾張名古屋は城でもつ」と云われていた昔、余り知られていないが“名古屋”は、東海道から外れた“孤立した巨大な城下町”だった。
そういったことからなのか、徳川幕府の御三家の一つであったから故なのか、名古屋は現代に至っても、独特の文化や風習を持っている。
殊に、食の世界(レストラン等)に於いては「名古屋で成功すれば日本中どこでも成功する」とも云われる“顧客の厳しい鑑定眼”に晒される御土地柄であると云えるだろう。
御当地名物に於いては、些か心許ない名古屋の食文化ではあるが(笑)洋食・和食・中華に至るまで、名古屋で流行っている御店(レストラン等)では、賭けねなく「美味しい料理」に舌鼓を打つことが出来る…名古屋の人々の“食に対する美意識”をつぶさに見ることが出来るのだ。
歴史好きであり、“食”にも少々ウルさい小生は(笑)…
「中日クラウンズ」「東海クラシック」の2試合を有する愛知県・名古屋近郊の試合での宿泊地を、交通の便の良い豊田市では無く、矢張り“名古屋”に求めてしまうことになる。

錦通りを名古屋駅を背に直進すると『錦通東桜2』という交差点がある。
地下鉄なら「新栄」で降りることになるのかな?。
その「錦通東桜2」の交差点は、六差路になっているから、名古屋駅を背に右ナナメ前に進む道を選んで下さい。入ってすぐ左手のビルの一階…重厚な造りのドアが【B4】である。
入り口の前には本日のメニューが、雨でも降らない限りは置いてあるので意外に判り易い筈だ。

この【B4】という御店…まぁ店舗の括りから申し上げれば“バー”になるんだが、実は、非常に料理の美味しい店なのである。
小生の場合だいたい、18時キッカリに【B4】のドアを開ける。
スタッフは、今は、ノリちゃんとナベさんが居るのかな?。
喉越し豊かな生ビールを、乾いた身体に流し込んだ後は「明方ハムのグリル」と「アンチョビピザ」を肴にグラスワインを嗜む。
ソムリエの資格を持つノリちゃんの御薦めワインは絶品であります。
因みに、このノリちゃん!女性バーテンダーの世界大会で4位に入賞したこともある実力者で御座居ますぞ!。ノリちゃん創作のカクテルも絶品であることこのうえ御座居ません。
その日の気分に合わせたカクテルを作って貰うってのもオツなんだが…残念ながらノリちゃん、色気が全く無いんだよな~(笑)。頼むから誰か口説いてヤッてくれ(笑)。
19時を過ぎれば、「B4」の田畑社長が徐に登場致します。真打ちの登場だ。
この田畑社長の料理が最高なんだなぁ。
勿論“料理のメニュー”は豊富に御座居ます。呑みながら喰うのが俺のスタイルだからさ。

名古屋の試合は
「中日クラウンズ」「東海クラシック」の双方共に、コースセッティングのハードさで、メジャートーナメントを除いては随一の難しさを誇っている。
従って、試合での一日一日が非常に疲れるんだな。
そんな疲れきった身体を癒してくれるのが、俺の名古屋の隠れ家・【B4】だ。

食べて良し!呑んで良し!
田畑社長の料理と、ノリちゃん御薦めの酒は…将に『癒し系』である。

おっと!ナベさん紹介を忘れていた。
大分県出身のナベさんは…一応、スタッフです(笑)。
ナイーブに見えるけどイジってあげて下さい(笑)彼の場合は、隠れ『M系』です。
[PR]

  by h_gohda | 2007-05-26 12:06 | 旨いもの屋紹介

<< くじら料理 『あじさい』 壱拾参 【瀬戸の槍竜】 … せ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE