壱拾四 【柏の猛牛】 … かしわのもうぎゅう


 『柏の猛牛』 … 増田伸洋


世界で
「最も荒々しい紳士のスポーツ」と云われる“ラグビー”で鍛えし増田の躯(からだ)には、
闘魂と礼節からなる熱い血潮が駆け巡っている。

好機が訪れるや否や“抜群の突進力”で
バーディやイーグルを積み重ねてゆく増田のプレーは…
【猛牛の突進】にも似た、ラグビーの“カウンターアタック”を彷彿させる。

「技能」と「瞬発力」を併せ持つ “パワープレー” が増田の持ち味だ。

物静か?…かと思えば、爆笑の渦の中心に居る。
悩んでいる?…かと思えば、全てを楽観する。
馬鹿か?…と思えば、その思考論理は極めて理知的なのである。
ラガーマンの誇りを持つ増田は、様々な内面を持つ非常に“面白い人物”であり、
良識にも富んだ“魅力あるスポーツマン”だ。

とてつもないスーパープレーを、
サラッとヤッてのける増田の爽快なゴルフに、ギャラリーの拍手が鳴り止むことはない。
[PR]

  by h_gohda | 2007-05-29 09:12 | 侍・プロゴルファー紹介

<< 壱拾五 【美濃の獅子丸】 … ... やきとり 『ももたろう』 … ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE