壱拾五 【美濃の獅子丸】 … みののししまる


『美濃の獅子丸』 … 鈴木 亨


『才能』と『自覚』という部分に於いて、
己の乏しい才能を「優れている」と勘違いする人間は数多くいるが…
こと、鈴木亨という武者には、それは全く逆の現象をみてとれる。

鈴木亨が、凄い才能に恵まれた人物であることは周知の事実なのに、である。

その“飛距離”また“きめ細やかなプレーぶり”…どれをとっても超一流!。
 “下半身の安定感” は、日本ツアー随一と云えるだろう。

その、プレーの安定感は【獲物を捕らえる獅子】の如くあるが、
それを自覚する能力には些かなりとも乏しいのが、鈴木亨なのである。

加賀の巨砲・川岸良兼と、
将に“両雄”とも称せる才能を持った美濃の獅子丸が、
確固たる自信を胸に
「完全優勝を遂げる姿を見てみたい」と懇願しているのは、私だけでは無い筈だ。

吠えろ!亨!
『謙虚な気持ちを忘れない“自信”』こそが、真の自信であることを知れぃ・・・喝!。
[PR]

  by h_gohda | 2007-07-22 18:02 | 侍・プロゴルファー紹介

<< 壱拾六 【印旛の蒼狼】 … い... 壱拾四 【柏の猛牛】 … かし... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE