報告。


業界内では御存知のかたが多いのだが、実は小生、去年までの3年半余り、プロゴルファーとしての活動を御休みし、某社の「営業マン」として働いていた。
当初は「プロゴルファー営業マン」という看板で働いていたのだが、徐々に仕事を熟してゆくなか、宣伝広告や在庫管理・生産管理に至るまで、さらには各種商談など折衝をも兼任し、最終的にはある程度の責任を持つようになってしまって、結局、ラウンドは月一回が三ヶ月に一回がイイところという、とても「プロゴルファー」とは呼べない状態に陥ったというところが、まぁ、正確な表現にはなるのだろう。
ともかく、一年365日を車の中で過ごすか、PCの前で計画書や報告書またはプレゼン資料などを作成しているか、はたまた取引先で商談しているか営業をかけているか、という毎日を過ごしていたという次第。同時に、積み重ねる日々のなか、たくさんの方々に教えを請い、皆さんの大切な商売のノウハウを伝授しても頂いた。

そして今、御蔭様で足掛け4年の努力は実り、業績は右肩上がりに上昇し、昨年、弊社社長より「もう充分に頑張ってくれた。そろそろプロゴルファーに戻ってくれ」という内示を頂いたという次第であります。
遅まきながらここに、これまで営業マン・合田洋を可愛がって下さった方々、ならびに御取引業社の方々に厚く御礼を申し上げたい。本当に有り難う御座居ました。良い人生経験をさせて頂きました。心より感謝申し上げまする。また、弊社の指示内容から、突然、小生の訪問が叶わなくなってしまったことに、心から御侘び申し上げる次第でも御座居ます。



やきとり 【ももたろう】② ・・・ 北海道・千歳市


しかし足掛け4年という時間は短いようで長く、すっかり鈍ってしまった身体は、僅か四日間プレーを続けただけで、将に疲労困憊してしまう。ショートゲームの感覚はボロボロ、飛距離は随分と落ちていた。
なにより、体重が12キロも増えてしまった体は重く、緩んでしまった筋肉は、ちょっとした練習さえも辛いという状態に苛まれるという有り様。ちょっと走っただけで息は上がり、得意だった腕立て伏せもたどたどしいという、自分でもビックリするような状態だったのである。「これは重症だから、焦っても元の木阿弥だぞ」・・・ここで、ついぞ頑張ってしまう自分の頭を切り替え、急激なトレーニングを控えることにしたのは正解だったのか。現在の体重は5キロ減。ラウンドと併せて、決して頑張らない無理をしないトレーニングを地道に熟すなか、少しづつ体力もついてきている。4年間で鈍った身体は、4年を掛けて向上させる。
そんななか、プレーを再開するうえで、忘却したゴルフ勘を呼び覚ますために私が考えたことは、
 “まずは試合に出ること”
そこで、日本プロゴルフ選手権・出場予選会にエントリーをし、まずは今年、北海道で開催される日本プロゴルフ選手権出場の切符を手にしたのである。

さて、久しぶりに試合で訪れた北海道。
日本プロの会場は、恵庭CC。かつて札幌オープンが開催された懐かしいコースだ。
もちろん滞在先は千歳、会場まで車で20分の立地は宿泊地として最適だと言える。
夕食は以前ここで紹介済みの、焼き鳥『ももたろう』。
久しぶりにくぐる『ももたろう』の暖簾は軽く、私を快く迎えてくれているようだった。
マスターの第一声は「いっ!?太りましたね!合田さん」だったが(笑)まるで毎日会っていたように「なににしましょう!」と言うマスターの声には、一種の感慨があった。『ももたろう』のマスターは本当に好い漢だ。
さてさて、懐かしさに話が弾むなか、マスターが面白い話をする。
「実は合田さんのブログの記事を見たと言って訪れてくれる御客様が意外と多いんですよ」
--本当かね?
でも、どうやら本当らしく。マスターが言うには「合田プロの記事を見たよ~」と訪れてくれた御客様には、是非とも何かサービスをしたいと言っている。
どうしましょう?。 
「最初の一杯(ビール?)をサービスしましょう!」とは、マスターの談。
--しかし、それを悪用されても困るしなぁ。

ということで結局、サービスをしてくれるそうだ。でも悪用だけは困るって言うか、そんな御好意を悪用されたとあっちゃ私の男が廃るってもんだ。
ビール一杯と焼き鳥3本で 「お勘定!」 なんて。ビールはサービスなんだから「¥360になります」なんてことになったら、マスターに悪くて申し訳がたたない。御分かり頂けますかな?。そんな気持ちを分かって頂ける 侍&大和なでしこ限定 のサービスだと思ってくれれば幸いである。
[PR]

  # by h_gohda | 2009-09-17 13:07 | 旨いもの屋紹介

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE